オンライン予約
  • 電話受付時間
  • 048-649-0118

048-649-0118

オンライン予約

※診察・手術は完全予約制です。お電話またはオンラインにてご予約をお願いします。

電話受付時間

電話受付時間表
HOME
TOPページ クリニック紹介
医師紹介 手術実績
初めての方へ 手術の費用
アクセス・概要 採用情報
ご予約・お問い合わせ オンライン予約
お知らせ クリニックブログ
写真ギャラリー 動画ギャラリー
個人情報保護方針 サイトマップ
診療内容
下肢静脈瘤 そけいヘルニア
透析アクセス
内シャント

クリニックブログ

足の血管のボコボコの正体とは…

下肢静脈瘤

気になる足のボコボコ

足のボコボコとふくらんだ血管、ふくらはぎや太ももにできたコブのような血管は、 「下肢静脈瘤」という病気です。

自分の足にもできているけれど、どうすればいいだろう。

見た目は少し気になるけど、痛みなど特に不都合なことはない。

テレビでやっていた下肢静脈瘤の手術を見たり、

知り合いが手術を受けたと聞いたりするけど、

「手術って大袈裟だし、こわいし、自分としてはできれば避けたいな…」

なんて思っている方もいるのでは。

調べてみても、

「放置してはいけない。」

と書いてあったり、はたまた違うサイトでは、

「そのまま放っておいても大きな障害はない。」

と書いてあるものもあって…

果たしてこの下肢静脈瘤、本当に放っておいていいのでしょうか?

下肢静脈瘤ってこんな病気

下肢静脈瘤とは、足の静脈の一部分が弱って静脈の弁が壊れる病気です。

弁が壊れると、血液が下に向かって流れ、足の下の方に溜まってしまいます。

下肢静脈瘤は見た目だけの問題と思っている方も多いのですが、

実は足の血液の流れが悪くなっているのです。

症状は何年もかけてゆっくり悪くなるため、悪化を感じにくい病気です。

静脈の弁は一度壊れると自然に良くなることはもうありません。

だんだんと足の下の方に溜まる血液は多くなってくるので、

ボコボコしたコブが増えて大きくなるだけでなく、

むくみ、重さ、だるさが強くなり、さらにひどくなると皮膚も傷んできます。

命にかかわることは少ないですが、徐々に悪化していく病気です。

悪化すると綺麗に治すのが難しくなってしまうこともあります。

下肢静脈瘤の治療法

では下肢静脈瘤を治すためにはどうしたらいいのでしょうか?

そこで当院で行っている下肢静脈瘤の治療についてお話しします。

下肢静脈瘤は、足の静脈の弁が壊れ、足に血液が溜まってしまう病気ですから、

まずは超音波検査を行って、血液の流れが悪くなっている血管を見つけます。

その血液の流れが悪くなってしまった血管を、

血管内焼灼術(レーザー、高周波)や血管内塞栓術(グルー治療)といった手術を行うことで、悪くなっている血管の血液の逆流を止めます。

逆流が無くなると足の血液の流れの停滞が解消して、足が軽くなります。

逆流した血液で膨らんでいたボコボコ血管も縮んでいきます。

人の体は血液の流れが悪くなると駄目なのです。

この治療は足の血液の流れを良くしていくことを目的としています。

ご来院のみなさまへ

新型コロナウイルス感染症への対策として、当院では毎日スタッフの体調確認および検温、院内の換気と消毒を行っております。

つきましては、ご来院予定のみなさまへも以下のお願いがございます。

37.5℃以上の発熱、もしくは咳や息切れ、だるさや味覚・嗅覚障害等身体の異常がある場合は受診をお控えください。

・ご来院時はマスクの着用手指の消毒をお願いたします。また、ご来院時に検温のご協力をお願いしております。

ご来院される患者様および診療に従事するスタッフの安全のため、みなさまにご理解とご協力をお願い致します。

  • 下肢静脈瘤
  • 足 血管 ボコボコ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

気になることがあればお気軽にご相談ください。日帰り手術で悩みのない生活を取り戻しませんか?気になることがあればお気軽にご相談ください。日帰り手術で悩みのない生活を取り戻しませんか?

完全予約制です。

お電話またはオンラインにてご予約をお願いいたします。
ご質問等お問合せも可能です。
お電話またはメールでお気軽にご相談ください。

048-649-0118

お電話でのご相談・ご予約はこちら
048-649-0118

オンラインでのご予約はこちら
オンライン予約オンライン予約

メールでのご相談・ご予約はこちら
お問い合わせお問い合わせ

お電話受付時間お電話受付時間
時間

担当医師の勤務状況により、臨時休診の場合がございます。ご予約時にご確認ください。●※診療状況によっては18時までの診療となる可能性がございます。

新宿外科クリニック新宿外科クリニック

このページのトップへ戻る