医師のご紹介

院長
高島 格(たかしま いたる)



髙橋
外科部長
髙橋 克之(たかはし かつゆき) そけいヘルニア外来肛門科外来

東京都府中市出身で、大学卒業後は地域の一般病院で主に消化器外科の手術に携わり、開腹・腹腔鏡手術に加えて、肛門疾患・そけいヘルニア・甲状腺などの手術に携わってきました。
病院勤務時は、手術のみならず、麻酔も数多く経験してきました。日帰り手術において麻酔法は非常に重要ですので、身体への負担が少なく、かつ手術のパフォーマンスを最大限に上げられるような日帰り手術の麻酔法を今後も研究し、実践していきます。
外科医には珍しい穏やかな人柄で、お話をよく聞いて丁寧な診察をする医師です。
「病院勤務で培った技術・知識を日帰り手術に活かし、患者様にとってより良い治療を提供できるよう心がけていきます」

日本外科学会認定医
日本外科学会外科専門医


経歴
  • 東京都府中市出身 都立国立高校卒業
  • 1997年 山形大学医学部卒業 バレーボール部
  • 1999年 中野共立病院外科
  • 2005年 川崎協同病院外科
  • 2006年 立川相互病院外科 医長
  • 2018年 新宿外科クリニック 外科部長



多賀
多賀 誠(たが まこと) 下肢静脈瘤外来そけいヘルニア外来

大学生の時から、埼玉県在住です。消化器外科、一般外科を専門としています。
下肢静脈瘤は、埼玉医大外科の関連病院時代にストリッピング手術の経験を積み、新宿外科クリニックでレーザー手術の研鑽を積んでいます。
そけいヘルニアは、埼玉医大の小山勇教授から直伝のクーゲル法を得意としています。


経歴
  • 1970年4月13日静岡県富士宮市出身。
  • 富山東高等学校卒業。
  • 1997年埼玉医科大学卒業。サッカー部。
  • 埼玉医科大学第一外科入局。2001年医学博士取得
  • 心臓血管研究所、藤倉病院、丸山記念総合病院、池袋病院勤務。
  • ニューヨークマウントサイナイ大学シカゴノースウェスタン大学留学。
  • 2009年埼玉医科大学消化器一般外科講師
  • 新座志木中央総合病院。
  • 現在、川越胃腸病院勤務。



佐藤 雄也(さとう ゆうや) 下肢静脈瘤外来そけいヘルニア外来

東京都八王子市出身で、髙島院長の大学外科医局の後輩です。
真面目な医師で、しっかりと患者様のお話を聞き、所見や画像検査など多角的に判断して診療する堅実さや実直さが同僚医師からの信頼も厚く、当院でも安心して診療を任せられる医師です。
専門は消化器や一般外科ですが、下肢静脈瘤の手術経験も豊富です。
2014年から非常勤で新宿外科クリニック・大宮セントラルクリニックで鼠径ヘルニア・下肢静脈瘤の日帰り手術の診療を行っています。
「消化器・一般外科を専門にしています。
ヘルニア、下肢静脈瘤の手術は新宿外科クリニック・大宮セントラルクリニック髙島流を踏襲し、『丁寧で合併症の少ない手術」を心がけています。どうぞ、よろしくお願いいたします」


経歴
  • 1981年 2月28日東京都八王子市生まれ
  • 穎明館高校卒業
  • 2005年 東京医科歯科大学卒業。サッカー部。
  • 太田西ノ内病院、都立墨東病院外科、東京医科歯科大学胃外科、国立がん研究センター中央病院外科、草加市立病院外科
  • 現在国立がん研究センター中央病院勤務