医師のご紹介

院長
高島 格(たかしま いたる)



惠木
惠木 康壮(えぎ こうそう) 下肢静脈瘤外来

本来は心臓外科医ですが、九段坂病院外科勤務の時に櫻澤健一先生から薫陶を受けて、下肢静脈瘤の診療も得意としています。病院では入院のストリッピング手術を行い、2012年から新宿外科クリニックで下肢静脈瘤レーザー日帰り手術を行ってきました。
本人の抱負は「みなさんが満足できるように懇切丁寧に診療に励んでおります。合併症”ゼロ”へ向けてがんばります。」ですが、とても親しみやすい好感が持てる医師です。


経歴
  • 1966年11月13日生まれ。
  • 千葉県館山市出身。安房高校卒業。
  • 1992年山梨医科大学(現山梨大学)卒業。硬式テニス部。
  • 東京医科歯科大学 胸部外科(現心肺機能外科)入局。
  • 九段坂病院で外科研修後、都立広尾病院心臓外科、東京医科歯科大学胸部外科勤務。
  • Ludwig Maximillians Universitate(ドイツミュンヘン)留学。
  • 現在、東京山手メディカルセンター(旧社会保険中央総合病院)心臓血管外科 勤務。



市野瀬
市野瀬 剛(いちのせ つよし) 下肢静脈瘤外来

埼玉県出身で東京医科歯科大学血管外科に所属し、現在大久保病院外科・血管外科で勤務しています。横浜市東部病院でも血管外科手術、血管内治療を数多く経験してきました。
勉強熱心でマニアックな血管外科医と、大柄で食いしん坊という二つの顔を持つ医師です。
「わかりやすい説明と、なんでも聞いていただけるような雰囲気作りを心がけています。よろしくお願いいたします」


経歴
  • 1982年3月18日神奈川県横浜市生まれ。
  • 春日部高校、国際基督教大学卒業。
  • 弘前大学医学部卒業。
  • 東京医科歯科大学病院臨床研修医、済生会横浜市東部病院、2014年東京都保健医療公社大久保病院。



多賀
多賀 誠(たが まこと) 下肢静脈瘤外来そけいヘルニア外来

大学生の時から、埼玉県在住です。消化器外科、一般外科を専門としています。
下肢静脈瘤は、埼玉医大外科の関連病院時代にストリッピング手術の経験を積み、新宿外科クリニックでレーザー手術の研鑽を積んでいます。
そけいヘルニアは、埼玉医大の小山勇教授から直伝のクーゲル法を得意としています。


経歴
  • 1970年4月13日静岡県富士宮市出身。
  • 富山東高等学校卒業。
  • 1997年埼玉医科大学卒業。サッカー部。
  • 埼玉医科大学第一外科入局。2001年医学博士取得
  • 心臓血管研究所、藤倉病院、丸山記念総合病院、池袋病院勤務。
  • ニューヨークマウントサイナイ大学シカゴノースウェスタン大学留学。
  • 2009年埼玉医科大学消化器一般外科講師
  • 現在、新座志木中央総合病院勤務。



米倉
米倉 孝治(よねくら こうじ) 下肢静脈瘤外来

理事長の大学、医局の後輩です。血管外科を専門として、新宿外科クリニックでも多数の下肢静脈瘤のレーザー治療を行ってきました。おっとりした親切な医師です。


経歴
  • 1978年11月29日生まれ。埼玉県久喜市出身。
  • 巣鴨高校卒業。
  • 2004年東京医科歯科大学卒業。ゴルフ部。
  • 三島社会保険病院、等潤病院、土浦協同病院、東京医科歯科大学血管外科に勤務後、現在大久保病院に勤務中。



山本
山本 崇(やまもと たかし) 下肢静脈瘤外来

大阪出身です。コテコテ感はありませんが、スマートな風貌から熱く語ります。形成外科医で、病院でいろいろな手術を学んだ中で下肢静脈瘤治療を専門として志しました。大阪の坂田血管外科クリニックから東京のお茶の水血管外科クリニックと膨大な数の手術を経験してきています。レーザー、ストリッピングといった本幹の治療のみならず、コブに対する治療である瘤切除(スタブ・アバルジョン)や硬化療法に独自の技術を持っています(学会の瘤切除の講演の講師としてよく招かれています)。世界一美しく完璧な仕上がりの下肢静脈治療を目指しています。

「下肢静脈瘤を日帰りで楽に治すのは当たり前になりました。次は“より美しく”“再発しないように”治す時代です。
最先端の下肢静脈瘤治療を求めてヨーロッパ中で学んできました。その成果を体験してください」


経歴
  • 1974年12月14日 大阪府生まれ
  • 高校サッカー部
  • 1999年 大阪大学医学部卒 サッカー部
  • 大阪大学医学部形成外科入局
  • 大阪労災病院 皮膚科
  • 大阪警察病院 形成外科
  • 住友病院 形成外科
  • 現在 お茶の水血管外科クリニック外科部長