医師のご紹介

院長
高島 格(たかしま いたる)



惠木
惠木 康壮(えぎ こうそう) 下肢静脈瘤外来

本来は心臓外科医ですが、九段坂病院外科勤務の時に櫻澤健一先生から薫陶を受けて、下肢静脈瘤の診療も得意としています。病院では入院のストリッピング手術を行い、2012年から新宿外科クリニックで下肢静脈瘤レーザー日帰り手術を行ってきました。
本人の抱負は「みなさんが満足できるように懇切丁寧に診療に励んでおります。合併症”ゼロ”へ向けてがんばります。」ですが、とても親しみやすい好感が持てる医師です。


経歴
  • 1966年11月13日生まれ。
  • 千葉県館山市出身。安房高校卒業。
  • 1992年山梨医科大学(現山梨大学)卒業。硬式テニス部。
  • 東京医科歯科大学 胸部外科(現心肺機能外科)入局。
  • 九段坂病院で外科研修後、都立広尾病院心臓外科、東京医科歯科大学胸部外科勤務。
  • Ludwig Maximillians Universitate(ドイツミュンヘン)留学。
  • 現在、東京山手メディカルセンター(旧社会保険中央総合病院)心臓血管外科 勤務。



市野瀬
市野瀬 剛(いちのせ つよし) 下肢静脈瘤外来

埼玉県出身で東京医科歯科大学血管外科に所属し、現在大久保病院外科・血管外科で勤務しています。横浜市東部病院でも血管外科手術、血管内治療を数多く経験してきました。
勉強熱心でマニアックな血管外科医と、大柄で食いしん坊という二つの顔を持つ医師です。
「わかりやすい説明と、なんでも聞いていただけるような雰囲気作りを心がけています。よろしくお願いいたします」


経歴
  • 1982年3月18日神奈川県横浜市生まれ。
  • 春日部高校、国際基督教大学卒業。
  • 弘前大学医学部卒業。
  • 東京医科歯科大学病院臨床研修医、済生会横浜市東部病院、2014年東京都保健医療公社大久保病院。
  • 現在、東京医科歯科大学医学部附属病院血管外科 勤務。



多賀
多賀 誠(たが まこと) 下肢静脈瘤外来そけいヘルニア外来

大学生の時から、埼玉県在住です。消化器外科、一般外科を専門としています。
下肢静脈瘤は、埼玉医大外科の関連病院時代にストリッピング手術の経験を積み、新宿外科クリニックでレーザー手術の研鑽を積んでいます。
そけいヘルニアは、埼玉医大の小山勇教授から直伝のクーゲル法を得意としています。


経歴
  • 1970年4月13日静岡県富士宮市出身。
  • 富山東高等学校卒業。
  • 1997年埼玉医科大学卒業。サッカー部。
  • 埼玉医科大学第一外科入局。2001年医学博士取得
  • 心臓血管研究所、藤倉病院、丸山記念総合病院、池袋病院勤務。
  • ニューヨークマウントサイナイ大学シカゴノースウェスタン大学留学。
  • 2009年埼玉医科大学消化器一般外科講師
  • 新座志木中央総合病院。
  • 現在、川越胃腸病院勤務。



米倉
米倉 孝治(よねくら こうじ) 下肢静脈瘤外来

理事長の大学、医局の後輩です。血管外科を専門として、新宿外科クリニックでも多数の下肢静脈瘤のレーザー治療を行ってきました。おっとりした親切な医師です。


経歴
  • 1978年11月29日生まれ。埼玉県久喜市出身。
  • 巣鴨高校卒業。
  • 2004年東京医科歯科大学卒業。ゴルフ部。
  • 三島社会保険病院、等潤病院、土浦協同病院、東京医科歯科大学血管外科に勤務後、現在大久保病院に勤務中。



岩嵜
岩嵜 友視(いわさき ともみ) 下肢静脈瘤外来

四半世紀にわたり、外科・血管外科研修を積み日々診療に携わってまいりました。最近十年ほどは、主に下肢静脈瘤、透析内シャント管理・治療を専門に学び実践してきました。
当院で行う手術は比較的小さいものですが、手術を受けられる方にとっては手術というだけで不安に感じ慮ってしまうものではないでしょうか。そんな不安を取り除くことが治療の第一歩と考えております。わかりやすく丁寧にご説明し、ご理解安心していただけるように努めたいと思います。さらに安穏にできるだけ苦痛の少ない治療を最新の技術をもってご提供いたします。
大学・医局・血管外科医・人生の先輩であり鑑である髙島理事長と共にスタッフ一同切磋琢磨して、
手術を受けられる皆様に負担の少ない最善の治療を安心して受けていただけるように努める所存です。よろしくお願いいたします。

日本外科学会専門医
日本消化器病学会専門医


経歴
  • 東京都出身
  • 1993年 東京医科歯科大学医学部卒業 ハンドボール部
  • 東京医科歯科大学第一外科入局
  • 1994年 土浦協同病院 外科
  • 1996年 NTT伊豆逓信病院 外科
  • 1997年 湘南中央病院
  • 1999年 東京医科歯科大学医学部附属病院 外科
  • 2001年 千葉徳洲会病院 外科
                 群馬県立心臓血管センター 外科科長
  • 2005年 九段坂病院 外科科長
  • 2008年 法務省 八王子医療刑務所 外科
  • 2009年 東京共済病院 内科医長(血管外科)
  • 2010年 豊島中央病院 血管外科長
  • 2014年4月~新宿外科クリニック非常勤
  • 2016年 大久保病院 外科
  • 2017年 秀和総合病院 外科血管外科長
  • 2018年 新宿外科クリニック 院長就任



佐藤 雄也(さとう ゆうや) 下肢静脈瘤外来そけいヘルニア外来

東京都八王子市出身で、髙島院長の大学外科医局の後輩です。
真面目な医師で、しっかりと患者様のお話を聞き、所見や画像検査など多角的に判断して診療する堅実さや実直さが同僚医師からの信頼も厚く、当院でも安心して診療を任せられる医師です。
専門は消化器や一般外科ですが、下肢静脈瘤の手術経験も豊富です。
2014年から非常勤で新宿外科クリニック・大宮セントラルクリニックで鼠径ヘルニア・下肢静脈瘤の日帰り手術の診療を行っています。
「消化器・一般外科を専門にしています。
ヘルニア、下肢静脈瘤の手術は新宿外科クリニック・大宮セントラルクリニック髙島流を踏襲し、『丁寧で合併症の少ない手術」を心がけています。どうぞ、よろしくお願いいたします」


経歴
  • 1981年 2月28日東京都八王子市生まれ
  • 穎明館高校卒業
  • 2005年 東京医科歯科大学卒業。サッカー部。
  • 太田西ノ内病院、都立墨東病院外科、東京医科歯科大学胃外科、国立がん研究センター中央病院外科、草加市立病院外科
  • 現在国立がん研究センター中央病院勤務