日帰り手術の麻酔

日帰り手術の麻酔

当クリニックで行っている痔核の結紮切除術とジオン注射療法での麻酔は、「眠っている間に手術が終わり、手術後の痛みの少ない麻酔」です。
手術入室後、まず手術台にうつぶせになり、腕に点滴をとります。その後医師が点滴から眠くなる「静脈麻酔薬」を入れ、眠った後に肛門部に鎮痛作用のある「局所麻酔薬」の注射をうち、手術を開始します。眠った後に局所麻酔の注射・手術を行いますので、手術中の痛みはほとんどありません。

日帰り手術でも入院手術でも手術の内容は変わりません。
異なるのが麻酔です。
入院手術の場合は、脊椎麻酔・硬膜外麻酔(背中から針を刺して行う下半身麻酔)や気道にチューブを入れる全身麻酔で行うことが多く、体の負担は大きくなります。
また、手術前に下剤を飲んだり、浣腸をしたり、手術後に尿が出にくくなるので尿道に管を入れたりします。特に、脊椎麻酔の場合は、手術後に頭痛がしたり、尿が出づらかったりで、手術したところの痛みより、こちらの方がつらかったという方もいらっしゃいます。

当クリニックでは、できるだけ体に与える負担が少なくするように、静脈麻酔と局所麻酔を併用した麻酔を使用します。

局所麻酔薬は、歯医者さんで歯ぐきに注射する薬と同じ麻酔です。歯科の治療後はすぐに口を動かしてしゃべることができるように、手術後すぐに歩くことができます。しかし、局所麻酔だけでは注射の痛みはありますし、手術で引っ張られる感覚もあります。手術中の緊張感、恐怖感を全く無くすことはできません。緊張していると、血圧は上がり、脈は速くなり、全身の筋肉に力が入ってしまい、体の負担は大きくなります。

そこで、静脈麻酔も追加して眠っている状態のうちに手術を行っています。この方が気持ち的にも楽に手術を受けることができ、局所麻酔のみで行う手術より体の負担は少ないと考えています。静脈麻酔は、全身麻酔の範疇に入るため、「体の負担が大きいのではないか」「目が覚めなくなるのではないか」と不安になるかもしれませんが、そのような心配はありません。

例外として、肛門括約筋の硬い方や体格のいい方は当院で行っているような浅い全身麻酔では不十分な可能性があります。脊椎麻酔・硬膜外麻酔あるいは気道にチューブを入れる全身麻酔が必要で、その場合は入院手術をお勧めしています。